葬儀の注意と業者選び

葬儀の際の香典の表書きの書き方

葬儀などに参列する際に準備するものとして、香典があります。香典には哀悼の気持ちを意味するとともに、親族に対して葬儀費用にあててくださいという意味も含まれています。ですがこの香典ですが参列する葬儀の宗教によって、表書きの書き方がことなるので注意が必要です。そのため通夜や葬儀の日程などを確認すると同時に、宗教なども確認しておくとよいです。まず一般的に多い葬儀は仏式となりますが、その際の香典の表書きは御霊前や御香典という言葉となります。御仏前という表書きもありますが、場合によっては通夜や葬儀の時には使用されない場合もおおいです。

神式の場合ですが、表書きは御霊前のほかに御玉串料などがあります。そのほかには御榊料や御神饌料と記載する場合もあります。そのほかにキリスト教の場合ですが、御花料や献花料と記載しますが、同時に水引なども使用しないことが多いです。この表書きですが記載する場合は薄墨で書くのが一般的となってます。理由ですが薄墨で書くのは悲しみの涙で滲んでしまったという意味合いが含まれています。そのためペンなどではなで毛筆で書くのが基本となりますので、市販されている筆ペンなどを使用すると便利です。その際も薄墨用の筆ペンを利用するとよいです。

お役立ち情報

Copyright (C)2018葬儀の注意と業者選び.All rights reserved.