葬儀の注意と業者選び

生前から葬儀の準備を

悲しいことですが、生物は皆、誕生から死を宿命づけられています。医学が進歩し、平均年齢が伸びていますが、これは避けては通れないことです。葬儀は、結婚式と同様に自分が主人公になれる一大イベントです。どうせなら、いい葬儀を行い、親族や友人等に心より偲んで貰えれば幸せではないでしょうか。

葬儀を行うには色々な準備が必要です。葬儀屋の選択、葬儀の種類(家族葬、日葬、直葬等)や死亡届の提出などもあります。そのほか細かいことは、遺影や香典返しの選択など山ほどあります。そんな状態ですから、喪主を含めた家族は慌ただしさに流されて故人を偲ぶ余裕はありません。また、自身の望む葬儀をしてもらうことは難しいことだと、理解できます。葬儀は自分最後の一大イベントで、我儘が言える最後のチャンスです。そうであれば、生前から自分の葬儀をある程度、準備してみてはいかがでしょうか。葬儀や仏壇に飾られる遺影を自分の気に入った写真にする、葬儀は家族葬にする、祭壇の花を自分の好きな花にする、好きな曲を流すなど極められることは沢山あります。自分の好みの葬儀をすれば、あなたを知る人は、「この人はこれが好きだったよな。」、「この花で、こんな話をしたな。」などあなたとの事柄を想い出してくれるかもしれません。考えたくはない事ですが、自身の最後をプロデュースすることは、価値のある事です。ぜひ一度、お考えください。

お役立ち情報

Copyright (C)2018葬儀の注意と業者選び.All rights reserved.