葬儀の注意と業者選び

葬儀の際の香典の出し方

突然の訃報の知らせを受けた場合は、通夜や葬儀の日時などを確認して参列するための準備を行います。それと同時に持っていく物としては香典やハンカチなど小物なども準備を行います。とくに香典などは不祝儀用の袋を用意し、中に入れるお金なども新札は避けるようにします。また包むためのふくさも準備することが大切となります。この香典を用意する意味ですが、哀悼の気持ちとともに親族に対して葬儀の際の費用にあててくださいという意味も含まれています。では実際に香典の出し方ですが、通夜や葬儀に参列したさいにある受け付けで渡します。

通夜と葬儀の両方に参列する場合であれば、通夜に参列した際に出して葬儀の際は記帳するだけで大丈夫です。受付に出す際はこの度はご愁傷様ですという言葉をそえてだします。ふくさからとりだし手早くふくさをたたんだ後、ふくさの上に不祝儀袋を乗せて出します。その際は受け付け側から正面になるように向きにも注意して渡します。参列した通夜や葬儀で場合によって受け付けがない場合は、喪主やご遺族の方へ直接持って気渡すかたちとなります。その際も無駄な話しなどはさけ、お悔やみの言葉を伝えて速やかに渡すようにするのがよいです。

お役立ち情報

  • アクセスが良い葬儀(堺)をお考えなら、こちらのサイトがおススメです。

Copyright (C)2018葬儀の注意と業者選び.All rights reserved.