葬儀の注意と業者選び

葬儀の際に用意する香典のふくさの包み方

通夜や葬儀に参列する場合に用意するものとして、喪服や黒字のネクタイや靴や鞄などがありますが香典なども必要となります。お金を入れるための不祝儀用の袋なども用意が必要ですが、そのままではなくふくさに包むのがマナーとなるのでふくさも必要となります。では実際に香典を用意した後ふくさの包み方ですが、基本的なマナーがしっかりきまっているので覚えておくとよいです。まずはふくさのつめの部分が左側になるように広げておきます。その広げたふくさの中央の香典を置きますが、向きなどに気をつけて正面になるように置きます。

つぎにふくさの右側を内側に折り込みます。次に上下の部分をおりますが、最初は下側から織り込み、次に上を織り込みます。最後につめのある左側を織り込んでつめをかけて閉じれば正しいふくさの包み方となります。ふくさは結婚式などにも使われることがありますが、お祝いの席と葬儀の場合では、意味合いが異なるのでふくさの色なども注意するようにします。また最近では布タイプのふくさ以外に、ポケットタイプのものも販売されています。ポケットタイプのふくさであれば、中に入れる香典の向きだけ気をつけるようにして入れるようにするだけで大丈夫です。

Copyright (C)2018葬儀の注意と業者選び.All rights reserved.